今のうちにチャレンジしとこう

将来をより良く生きるため、いろんなチャレンジをしていきます。

自分の学科のおもしろさを知っとこう②-人文地理学のおもしろさを知っとこう

ぼくの学科の学問には、人文地理学っていう分野があるんですよ。

人文地理学がどんなものかと言いますと、

「人間の生活や文化、社会組織などの人文現象を対象とし、それらの分布や地域構造などのなかから諸通則を見出そうとする一般(系統)地理学の二大分野の一つ」

らしいです。コトバンクによると。

ぼくは自分の学科のことながら、まだよくわかってないので引用させていただきました。

まぁ、人の関わりで生まれる何かと地域の関連性を見出す学問、みたいな感じではないかと思っています。9割方間違いだとは思いますが。

 

さて、そんな人文地理学ですが、ぼくも授業を受けていました。

その授業では、コールセンターで働く女性の分布と生活の関わりとか、コンビニの立地条件とか、農業の地理的条件がうんぬんかんぬんとか、そんな内容を先生がばーっとしゃべるもので、ぼくは聞いててまったく理解できません。ただこれは、人文地理学の具体例くらいに思っておいてください。

 

今回話を聞いたのは、その授業の先生ではなくて、移民を専門のテーマとして研究されている先生です。

その先生の話を聞いて初めて、「人文地理学っておもしろいじゃん」と思いました。

 

その先生を、仮にM教授とおいておきましょう。まず、M教授に聞きました。

「人文地理学のおもしろさって何ですか?」と。

すると、先生はこう答えました。

 

「人文地理学のおもしろさは、『人が人と関わって、その地理空間属性にどんな変化が生まれるかを探ること』だと、私は思っています。地理空間とは、山川・海陸・気候・人口・集落・産業・交通といった、地球上のあらゆる地物や事象の状態の性質を指しまして、私の研究は地理空間の中でも、人に関わる部分のみを研究分野としています。

 

私は移民を専門としていますが、その中でもとくに沖縄の移民を取り扱っています。沖縄の移民によって、もともとあった地理空間の性質にどのような変化が起きるか、です。

 

沖縄の人が沖縄という土地に暮らしていると、その土地空間は沖縄になりますよね?ですが、沖縄の人がほかの民族、たとえばブラジルやボリビアの人たちの中に入ったときに、その土地空間にどんな変化が起きるのか、というのを探るのがおもしろいんですよ。人と人の関わりで生まれることって、予測がつかないじゃないですか。ましてや違う民族同士だと、もっとわからない。ですがその変化は、空間にこそ目に見える形で現れるんです。なぜそんな変化が起きたのか、という過程を、空間の変化を頼りに探っていくのは、楽しいですよ。」

 

おもしろいなぁ、とぼくは思いました。

地理と名のつく学問だから、地理をメインの研究対象としているのかと思っていましたが、人同士の関わりが起こす変化がメインだったとは。

 

その後、ぼくも「将来はライターになりたいんです」という話をしていると、地理学を勉強していく意義を見つけました。

地理学の本質は、地球上に存在するすべての物事の関係を把握し、目に見える形にするところにあります。その最たるものが地図ですね。

ぼくはライターとして、あらゆる『良いもの・すごいもの』を伝えていきたいのです。

ライターとして地理学を勉強する意義は、2つ。

1つは、自分が紹介したいものを、人に地図として見せられること。ライターのゴールは、人に何かを伝えて実際に動いてもらうことだと思っています。そのとき、自分で地図を作ることができれば、より相手にわかりやすい、動きやすい状況を作ることができるはず。

もう1つは、地理学という視点が、地球上全体を俯瞰しているものなので、世の中のおもしろいものを見つけやすくしてくれること。おもしろいものを見つけやすく、というか、そこにあるものをどうおもしろくするかは自分次第ですが、よりたくさんのものを見られる視点をくれるのは、地理学という分野だなと思いました。

まぁ、最後のほうは、自分の考えをまとめるために書いたので、よくわからない文章になってしまいましたが、言いたいことはひとつだけ。

関係から生まれる事物をたくさん見せてくれる地理学、人文地理学はおもしろいなと思ったということです。

「地図が書けるライターになれば強いんじゃない?」と言われて、納得したので、なってみようと思います。

それでは!

マンガをいっぱい読んどこう②-『ボボボーボ・ボーボボ』を読んどこう

f:id:hikyo-wo-write:20170211122746j:plain

みなさん、『ボボボーボ・ボーボボ』というギャグマンガを知っていますか?

2001年より、週刊少年ジャンプで連載していた、澤井啓夫先生による作品です。

この世界には「毛狩り隊」と呼ばれる、人類を丸坊主にしようとしている人たちがいます。

主人公であるボーボボは、仲間とともに毛狩り隊を倒していく、そんなストーリーです。

ボーボボのおもしろいところは、なんといってもその「意味のわからなさ」。

ボーボボたちが毛狩り隊とバトルするとき、互いにどれほどハジケられるかを競って、よりハジケられたほうが勝つんですけど、なんかもう、意味がわからないんですよ。

言ってることに脈絡なんてないし、行動も突然。作中ではうんこがDVDを借りてたり、頭が割れてコンサート会場になったりします。

意味はほんとにわからないんですけど、読んでるとめちゃくちゃ笑っちゃうんですよ。

冗談とかギャグって、意味がわかって初めておもしろさがわかるじゃないですか。

急に「鼻毛真剣奥義!!」とか言われても「何言ってんの?」ってなっちゃうわけで。

しかし、その意味のわからない勢いで人を笑わせられる、ボボボーボ・ボーボボという作品は、すごいです。

言いたいことを言っとこう②-ぼくは人に比べて「言葉にしたい欲」が強いのだと思う

f:id:hikyo-wo-write:20170208075042j:image

おはようございます。早朝のビーチの清々しさを感じながら、散歩してます。松田です。

1人で散歩してると、考えがいろんなところを巡って楽しいですよね。

そんな感じで、なんでブログをちゃんと始めたんだっけ?と考えてたときに、「言葉にしたいからだよ」という結論にいきつきました。

 

ぼくは、この世界のいろんなモノや人を理解したいのです。

イメージを言葉にすることで、ぼくは初めて理解したという状態になります。

だからぼくは、自分が見たこと、聞いたこと、感じたことを自分の中で解釈して、積極的に言葉にして、理解したことを自分の中に積み重ねているんだなと。

 

「今のうちにチャレンジしとこう」のテーマは、「言葉にしとこう」かもしれません。

ブログで自分の生活を作ってみよう①

みなさんは、自分の時間の過ごし方を、自分で作っていますか?

ぼくは、周りや自分の惰性に流されている感じがあります。

昼に起きることが多いし、自分のしたいことより振られた仕事を優先してしまうし、ついつい目先の娯楽に手を伸ばしてしまうことが多いのです。

けっこうダラダラと時間を過ごしている実感があって、これじゃいかんと思いました。

これじゃ、より良く生きていくことなんてできないなと思ったのです。

しかし自分一人だと生活を変えられないので、ブログでコンテンツを作って記録してみようと思います。

そこで始めるのがこの2つ。

 

・3時間睡眠にチャレンジしてみよう。

引き寄せの法則を試してみよう。

 

どちらも、本を参考にしながら続けていくつもりです。

参考にする本は、藤本憲幸氏「頭のいい人の短く深く眠る法」、パム・グラウト氏「思考は現実になる」「潜在意識を使いこなす」の3冊です。

参考書は増えるかもしれません。

 

ひとまず、3時間睡眠へのチャレンジは始めましたので、「そもそも3時間睡眠の効果って何よ?」とか「引き寄せの法則って何よ?」といったところを、後ほどご紹介しますね。

雑なまとめ方ですみません。今から朝日見に行くのですが、もう昇ってきてしまってて焦ってるのです。笑

では、西原のビーチへ行ってきます。二度寝される方、おやすみなさい。

それでは!

マンガをいっぱい読んどこう①-『金色のガッシュベル』を読んどこう

おはようございます。

突然ですがみなさん、マンガは好きですか?

ぼくは大好きです。毎日何かしらのマンガを読むし、ちょくちょくマンガ喫茶に行っては、3,4時間マンガを読み続けます。

ぼくにとってマンガを読むことは、エネルギーの摂取と同義です。いろんなマンガの世界に浸って、いろんなキャラクターの心情や言葉に触れ、その人たちのエネルギーをもらうのです。

笑いたいときはマンガを読むし、苦しい時もマンガを読む。イライラしたときも、どうしようもなく死にたくなった時もマンガを読みます。

ぼくにとって、”世界”を紙の上に創り出すマンガは、それだけで力をくれるものなのです。マンガ家は神様です。

そんなぼくがマンガを読み始めたのは、小学5年生のとき。最初に読んだマンガは、『金色のガッシュベル』でした。 

 

f:id:hikyo-wo-write:20170208063454j:plain

 

母親とスーパーに行って、たまたま買ってもらった少年サンデーに連載していたのです。それから毎週購読してたわけじゃないんですが、その後10年間、ずっと心に残っているマンガです。

コミックは全巻読みましたし、アニメも全部観ました。

ガッシュベル、めちゃくちゃ大好きです。

まずは、あらすじからざっくりとお話ししましょう。

 

金色のガッシュベルの世界には、魔界という世界がありまして、魔物が住んでいます。魔物と言っても、禍々しいものではありません。ガッシュベルの表紙の子のような、可愛い感じです。

そんな魔界で、1000年に1度、魔界の王様を決める戦いが行われます。その戦いの舞台は人間界で、選ばれた魔物の子供たちが、人間のパートナーとともに勝ち抜いていく、というのが、あらすじです。

 

金色のガッシュベルのおもしろさがどこにあるかと言いますと、人間・魔物問わず、ほぼすべてのキャラクターが違う価値観をもっているところ。(言葉を変えると、価値観がしっかりと描き分けられているところ。)なおかつ魔物と人間の価値観がまじわりながら、その魔物と人間にしかない絆ができていく過程と、その絆がキャラクターの言葉で表されているところが、本当におもしろいのです。

魔物が人間に対して、人間が魔物に対して胸のうちをぶつけ、笑ったりぶつかりあったりする過程がまずおもしろい。その過程があって、お互いをどれだけ大事に想い合ってるかが見えるのが、本当におもしろい。

 

キャラクターが生きているとしか言い表せないのです。紙の上で生きてるんですよ、彼らは。

ガッシュベルを読んでいると、彼らの感情や思いが、伝わってくるんです。共感できるとかそういう話ではなくて、伝わってくるんですよ。

金色のガッシュベルは、キャラクターが意思をもって、価値観をもって、思いをもって、感情をもって、生きている作品なのです。

ガッシュベルほど泣いた作品、全巻読み終わって拍手喝采を送った作品はありません。

ガッシュベルほど、ラストで盛り上がる作品をぼくは知りません。強大なラスボスと闘って終わり、みたいなよくある終わり方じゃなく、”ガッシュベルらしい”終わり方をするんですよ。最高です。

 

気になった方は、ぜひ読んでみてください。超おすすめです。名作です。

読んでみた方と、ぜひ話がしたいので、読んだら教えてください。笑

 

それでは!

言いたいことを、言っとこう②-「ハードルが低いって大事。割り切るって大事。」

続けてこんばんは。松田です。

さっきの200字くらいの投稿って、ぼくにとってはけっこうなチャレンジでした。実は。

ぼくは昔から、何をするにも、行動のハードルを上げすぎちゃう癖があるからです。

ブログに関して言うと、「ブログを書くからには1000字以上書かなきゃ。読者に面白いって思ってもらえるものを書かなきゃ。」みたいな感じ。

だから200字なんて文量の記事を書くことは、ぼくにとってはネット上にゴミを生み出してしまった、くらいに思ってました。

しかし、そういう固定観念こそが、自分の欲求を義務感に変えてたんだなと今気づいたので、なんだか気楽になりましたね。

さっきの記事も、さっそく褒められましたし。

今の気持ちが生まれてきたので、ぼくにとってさっきの200文字は、生み出された価値がありました。

1000字書くことより世の中に何かを発信する方が大事で、自分が納得できたらそれでいいんだって割り切ることが大事ですね。

じゃなきゃ、何かに抑圧された、つまんない人生を歩まざるを得なくなっちゃうなと。

別にそれが良い悪いではないですが、ただぼくが嫌だなと思うだけです。

気楽ってすばらしい!

言いたいことを言っとこう①-「義務がぼくの足を止める」

こんばんは、松田です。

みなさん、「~しなきゃいけない」って思ったことほど、やりたくなくなってしまうことってないですか?

ぼくは、よくあるんですよ。

最初は、それがやりたくて始めたのに、いつの間にか「やらなきゃいけない」に変わり、それが負担になって、やりたくなくなってしまうのです。

何かをしたいっていう気持ちは、子泣きじじいだなと。

欲求が義務に変わる前にやりきらねばといつも思うのですが、ごちゃごちゃ考えてしまって気付けば足が止まってるんですよね・・・。

 

というのを、ただ言いたかっただけです。世の中に、自分の言葉を出すチャレンジ。

それでは!