読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今のうちにチャレンジしとこう

将来をより良く生きるため、いろんなチャレンジをしていきます。

いっぱい本を読んどこう②-『マンガ1000冊読んで考えた・堀江貴文著』を読んどこう

こんにちは。最近、Twitterで見かけて衝動買いした本について書きますね。

f:id:hikyo-wo-write:20170222161124j:plain

 

先日紹介した『魔法のコンパス』と一緒に買いました。そのあとに読み始めた本です。

 

この本は、堀江さんが今まで読まれたマンガのレビュー集が、項目ごとにまとめられたものになっています。

この本で堀江さんのマンガへの想いに触れて一番に思ったのは、「マンガレビューを書くなら、普通の人と同じ目線で見てたらだめだ」ということと、「普通の人(ただマンガをただ楽しんでいる人)の視点も必要だな」ということ。

まぁ至極当然ですが。笑

普通の人を抜け出すには、マンガを読みまくってアウトプットすること。

これが近道ですよね。

今はひとまず2作品やっているので、1000作品を目指します。(会社は無理でもマンガなら・・・笑)

期限はとくに設けません。

とにかく書いていくだけです。

 

ぼくは今、「マンガが描ける」ってすごく大事だなと思っています。

『魔法のコンパス』で、これからの時代は有意義な遊びができることに価値がつくって話があったんですよ。

堀江さんは、「遊びが仕事になり、自分の好きな生き方をできる時代がくる」とおっしゃっていました。

ぼくは、「有意義な遊びというのは、マンガから得られる」ということだと、堀江さんの言葉を解釈しました。

ぼくは今、自分がどう生きたいのかが見えず、迷っています。

だからこそ、いろんな生き方をみたいし、それがどう実現できるかを考えたい。

そう思ってぼくは、マンガを読み続けることに決めました。

今は、『MASTERキートン』と『宇宙兄弟』の2作を読み始めたのですが、今まで読んでなかったことを後悔するくらいにおもしろいです。

読まず嫌いはいかんなと思いました。

この2作も、読んだらレビューを書きます!

 

また、次に読む本は『ロックで独立する方法・忌野清志郎著』です。

自分のしたい生き方をいかに貫くか、というヒントがもらえたらいいなと思っています。

お楽しみに!

本当に、思考は現実になる?-『こうして、思考は現実になる』の実験記録①

「なんかもう、自分の力ではどうにもならないな」と思うことってないですか?

ぼくは、今がまさにそうです。

自分を突き動かしてくれる熱い情熱のようなものがほしくて、それが生まれるのを待っているんです。しかし、生まれない。

ときどきマッチの火くらいの小さい情熱は生まれますが、すぐに消えてしまうんです。

着いて消えてを繰り返していると、だんだん自分が生きていたいのかどうかさえわからなくなってきました。

ですが、このままじゃいけないという危機感はあるようで、自分の心に責められ続けています。

「そんなこと言われてもなぁ」と返すばかりですが。

 

ただ、もう限界だなと。これ以上、時間を空費するのは辛抱ならなくなりまして、ある実験を始めることにしました。

それが、この本の実験です。

f:id:hikyo-wo-write:20170222182330j:plain

この本が言うには、

「世界は世界として存在しているだけであり、人間それぞれが見たい現実を選択しているだけ。なぜかみんな不幸な現実を見たがる。幸福な現実を見たければ、その現実をとことん想像すること。すると、宇宙エネルギーの法則がその意図を汲み取って、形として現してくれる」とのこと。

それができる人たちや、そんな世界はあるんだろう、とぼくは思っています。

それを実践し続けて、今では1日3時間くらいしか働いてないのに、年商10億の会社の社長をしている人がいましたから。

ただ、その人は昔から頭の良い優秀な人だと聞きました。

この本には「誰でも、思考を現実にできる」と書いてありますが、ぼくも幸福な現実を選択することは可能だろうか、という疑いがあります。普通なぼくでも。

なので、実験をします!!全部で9つ!

 

実験①は『宇宙エネルギーの法則は存在するのか?』を検証すること。

内容は、宇宙エネルギーの法則が本当に存在するのであれば、エネルギーの存在を意識するだけでぼくでも手に入れることができるはず。だから、エネルギーに贈り物をお願いすれば、形となって届けられるはずだ、というもの。

期限は48時間、なので2/24の18:45ですね。

それまでに、何らかの贈り物が届けられるはず。ちなみに、贈り物の中身は指定しません。

実験をするにあたって知っておくべきことは、2つ。

1つは、「絶対にある」と確信して探すこと。ドン・キホーテで、自分の好きな銘柄のビールを探すときのように。

もう1つは、詳しい記録を取ること。間違いを恐れず、自分が知覚したこと、経験したことを記録する。

 

では、実験を始めましょう。

「偶然では片づけられないような、明確で間違いようのない証拠を要求します」

僕の足を止めるのは、「自分にはできるわけがない」という思いこみ

「私の辞書に不可能の文字はない」と、心の底から言える人は、この世界に何人いるでしょうか?

それほどの自信に満ち溢れた人は、はたしているのでしょうか?

いたら教えてください。ご飯を食べにいきたいです。

 

最近、ぼくには実行力が足りないなと、よく思います。

自分の意見を言えない、やろうと思ったことをできない、基本的に逃げ腰・・・という感じ。

毎日「こんな自分は嫌だなぁ」と思いつつ、なんとか変えようとするけれど、変わらない。本を読んだり、こうして言いたいことを言ったりするんですけど、いまいち何をしようという気にならないわけです。

寝るより楽しいことはないように思えていますし。

そんな日々を過ごし続けて、気付いたことがあります。

「決断したことをやりきる力は自分にはない」「何をしたって意味はない。どうせ死ぬんだから」と思い込んでるんじゃね?

なんだかこう・・・目線が下を向いている気がするのです。

 

とはいえこのまま、何もできない、しようとしない自分で死んでいくのは嫌です。

楽しいことを楽しいと思える生き方をしたいので、今の自分を本当に変えるのであれば何が必要かを考えました。

出た答えは、

自分の望む未来を信じ切って、その未来が実際に来る、という経験をすること

かなと。

そんなわけで、『思考は現実化する』という本を今読んでいます。

簡単に紹介すると、自分が強く、明確に何かを望めば、その何かを手に入れることができる、という内容の本で、実際にその過程を体験できる実験つきの本です。

その実験も、ブログで試していきますが、それはまた今度。

まずは、ぼくが望むものを書いておきます。

 

「誰か一人に『最高だった!』と言ってもらえる、生き方の流儀の内容」

その「最高だった!」は、その人が前を向くきっかけになれたからこその言葉です。

そんな内容をください。降ってきた瞬間書き留めます。

これを、24日の16時までにくださいな。

よろしくお願いします!

綿密に、とことん時間をかけて想像したものを形にしたい

こんばんは。さっき『宇宙兄弟』という漫画を読み始めて、その面白さと、作者の計り知れない想像と努力に感動しました。

まだ2巻までしか読んでないですが、全巻揃えることを決めました。今まで読まなかったことを後悔してるくらい、『宇宙兄弟』面白すぎます。

 

宇宙兄弟』の1巻に、こんなセリフがありました。

「あなたにとっての金ピカは何?」

これは主人公が、宇宙飛行士になるか否かを迷っている時、投げかけられた言葉です。

自分を重ねるわけではないですが、僕も今日、めちゃくちゃ迷ってました。何にもやる気が起きない日でした。

自分の夢って、やりたいことって何だろう?何のために生きてるんだろう?

そんなことを考え続け、無駄にエネルギーと時間を消費して、1日が終わったなーと思っていたときに、僕も、僕にとっての金ピカは何だろうかと考えたんです。

そして、見つけました。

 

僕にとっての金ピカは、

『自分がめちゃくちゃ面白いと思うことをひたすら考えて考えて考え続けて、想像し尽くした上で、形にすること』。

 

宇宙兄弟』の作者って、実は宇宙飛行士ではなく、宇宙飛行士だった経験もないんですよ。宇宙に関する、あらゆる本や人から知識を得て、想像し尽くして、描きあげてる作品なんです。

僕も、ゆくゆくはそんなマンガを描きたいと思った。

 

だからまずは、いろんな人の生き方を、文章で描きたい。

俺にならできる。いや、それは俺にしかできないこと。

ある人が僕に、「まるでシャーマンのように、他人になりきれる才能がある。」と言ってくれて、僕はそれを信じています。

だからこそ、人の生き方を聞き、なりきって想像し、体感して、それを言葉に、文章にする。

『生き方の流儀』、すぐに仕上げるので楽しみにしててください。

 

本をいっぱい読んどこうー「魔法のコンパス・西野亮廣著」を読んどこう

f:id:hikyo-wo-write:20170215211036j:plain

 

こんにちは。みなさんは、キングコング西野さんの『魔法のコンパス』という本を読んだことがありますか?

この本は、西野さんが今までにやってきたこと、それにまつわる考え方、さらに西野さんが普段どんなことを考えているか、というような、西野さんの考え方が、系統立てられて書かれています。

学生の身分でこんなことを言うのは知ったかぶりかもしれませんが、これからの時代のスタンダードな生き方についてのヒントが散りばめられた本でした。

これからは、自分の好きなことを、他人に価値を感じてもらえるまでやって、自分と自分以外のなるべく多くの人が楽しめるものや場所を作り続けることができるんだろうし、それでしか生きていけなくなるんでしょうね。

実生活で実感としてはないですが、世の中の機械化が進んで「君は何もしなくてもいいよ」って言われる瞬間が、いつか来るわけじゃないですか。

そんとき、自分がどれだけ有意義な暇つぶしの方法を知っているかが、求められる価値になっていくのかなと。

社会の中にいる以上、人とのかかわりがなくては生きていけないわけで、お金がなくては生きていけないわけですよね。

じゃあ、どうやって人とのかかわりとお金を得るのかというと、みんなを巻きこんで有意義な暇つぶしを一緒にやっていくことではないでしょうか。

時間があり余っている今こそ、有意義な暇つぶしをたくさんするチャンスですね。

迷ったときは、この本と自分の直感をコンパスにしてみようと思います。

それでは!

自分の学科のおもしろさを知っとこう②-人文地理学のおもしろさを知っとこう

ぼくの学科の学問には、人文地理学っていう分野があるんですよ。

人文地理学がどんなものかと言いますと、

「人間の生活や文化、社会組織などの人文現象を対象とし、それらの分布や地域構造などのなかから諸通則を見出そうとする一般(系統)地理学の二大分野の一つ」

らしいです。コトバンクによると。

ぼくは自分の学科のことながら、まだよくわかってないので引用させていただきました。

まぁ、人の関わりで生まれる何かと地域の関連性を見出す学問、みたいな感じではないかと思っています。9割方間違いだとは思いますが。

 

さて、そんな人文地理学ですが、ぼくも授業を受けていました。

その授業では、コールセンターで働く女性の分布と生活の関わりとか、コンビニの立地条件とか、農業の地理的条件がうんぬんかんぬんとか、そんな内容を先生がばーっとしゃべるもので、ぼくは聞いててまったく理解できません。ただこれは、人文地理学の具体例くらいに思っておいてください。

 

今回話を聞いたのは、その授業の先生ではなくて、移民を専門のテーマとして研究されている先生です。

その先生の話を聞いて初めて、「人文地理学っておもしろいじゃん」と思いました。

 

その先生を、仮にM教授とおいておきましょう。まず、M教授に聞きました。

「人文地理学のおもしろさって何ですか?」と。

すると、先生はこう答えました。

 

「人文地理学のおもしろさは、『人が人と関わって、その地理空間属性にどんな変化が生まれるかを探ること』だと、私は思っています。地理空間とは、山川・海陸・気候・人口・集落・産業・交通といった、地球上のあらゆる地物や事象の状態の性質を指しまして、私の研究は地理空間の中でも、人に関わる部分のみを研究分野としています。

 

私は移民を専門としていますが、その中でもとくに沖縄の移民を取り扱っています。沖縄の移民によって、もともとあった地理空間の性質にどのような変化が起きるか、です。

 

沖縄の人が沖縄という土地に暮らしていると、その土地空間は沖縄になりますよね?ですが、沖縄の人がほかの民族、たとえばブラジルやボリビアの人たちの中に入ったときに、その土地空間にどんな変化が起きるのか、というのを探るのがおもしろいんですよ。人と人の関わりで生まれることって、予測がつかないじゃないですか。ましてや違う民族同士だと、もっとわからない。ですがその変化は、空間にこそ目に見える形で現れるんです。なぜそんな変化が起きたのか、という過程を、空間の変化を頼りに探っていくのは、楽しいですよ。」

 

おもしろいなぁ、とぼくは思いました。

地理と名のつく学問だから、地理をメインの研究対象としているのかと思っていましたが、人同士の関わりが起こす変化がメインだったとは。

 

その後、ぼくも「将来はライターになりたいんです」という話をしていると、地理学を勉強していく意義を見つけました。

地理学の本質は、地球上に存在するすべての物事の関係を把握し、目に見える形にするところにあります。その最たるものが地図ですね。

ぼくはライターとして、あらゆる『良いもの・すごいもの』を伝えていきたいのです。

ライターとして地理学を勉強する意義は、2つ。

1つは、自分が紹介したいものを、人に地図として見せられること。ライターのゴールは、人に何かを伝えて実際に動いてもらうことだと思っています。そのとき、自分で地図を作ることができれば、より相手にわかりやすい、動きやすい状況を作ることができるはず。

もう1つは、地理学という視点が、地球上全体を俯瞰しているものなので、世の中のおもしろいものを見つけやすくしてくれること。おもしろいものを見つけやすく、というか、そこにあるものをどうおもしろくするかは自分次第ですが、よりたくさんのものを見られる視点をくれるのは、地理学という分野だなと思いました。

まぁ、最後のほうは、自分の考えをまとめるために書いたので、よくわからない文章になってしまいましたが、言いたいことはひとつだけ。

関係から生まれる事物をたくさん見せてくれる地理学、人文地理学はおもしろいなと思ったということです。

「地図が書けるライターになれば強いんじゃない?」と言われて、納得したので、なってみようと思います。

それでは!

マンガをいっぱい読んどこう②-『ボボボーボ・ボーボボ』を読んどこう

f:id:hikyo-wo-write:20170211122746j:plain

みなさん、『ボボボーボ・ボーボボ』というギャグマンガを知っていますか?

2001年より、週刊少年ジャンプで連載していた、澤井啓夫先生による作品です。

この世界には「毛狩り隊」と呼ばれる、人類を丸坊主にしようとしている人たちがいます。

主人公であるボーボボは、仲間とともに毛狩り隊を倒していく、そんなストーリーです。

ボーボボのおもしろいところは、なんといってもその「意味のわからなさ」。

ボーボボたちが毛狩り隊とバトルするとき、互いにどれほどハジケられるかを競って、よりハジケられたほうが勝つんですけど、なんかもう、意味がわからないんですよ。

言ってることに脈絡なんてないし、行動も突然。作中ではうんこがDVDを借りてたり、頭が割れてコンサート会場になったりします。

意味はほんとにわからないんですけど、読んでるとめちゃくちゃ笑っちゃうんですよ。

冗談とかギャグって、意味がわかって初めておもしろさがわかるじゃないですか。

急に「鼻毛真剣奥義!!」とか言われても「何言ってんの?」ってなっちゃうわけで。

しかし、その意味のわからない勢いで人を笑わせられる、ボボボーボ・ボーボボという作品は、すごいです。