今のうちにチャレンジしとこう

将来をより良く生きるため、いろんなチャレンジをしていきます。

ライオンと剣の国の冒険①『取り戻す旅』

それは、自分を取り戻す旅だったように思う。 日常のなかですっかり習慣になってしまった、自己嫌悪と自己否定によって失われた、自分を。 西都を経由してニゴンボに降りたぼくたちは、右も左もわからないまま、タクシーに乗り込んだ。 時刻は22時。 夜が早…

ライオンと剣の国の冒険 4話目『夜風に吹かれて』

旅に出ると、何かに導かれて街に出かける夜がある。 今日もまた、そんな夜だった。 スリランカ人はおすすめしないけれど最高の街、クルネーガラをバスで出発したぼくたちは、国際空港があるネゴンボを目指した。 乗り合いバスに揺られながら、どこもあまり変…

ぼくたちは夢を見なきゃ生きていけない

現実を現実のまま受け止めて生きていくにはしんどすぎる。 ただ過ごすだけの毎日はつまらない。 目の前のやるべきことに向かわなきゃいけない事実にため息がでる。 だからぼくたちは夢を描くし、夢を見る。 目の前のやるべきことは、将来の夢を実現するため…

ぼくらを取り巻くクソッタレな何かを殺すために記事を書く

中学生の頃は、殺し屋になりたいと思っていました。 殺したい人を代わりに殺す人。 とくに、理不尽を押し付けてくる人間をぶっ殺したいと思っていました。 自分には、そいつに逆らう力も対抗する力もないけど、殺したいほど憎いことをされたから殺してほしい…

幸せは誰かの手の中かもね

いろんな世界を見たいとか、広い世界で生きていたいとか思って生きてきた。 けど、そこにぼくの幸せはなかったのかもしれない。 21歳でこんな悟ったことを言うのもなんですが。 今の気持ちを率直に言うと、すげー飼われたい。 うん、たぶんそうだわ。 ここが…

ぼくは光の世界の住人ではなかったのだと思う

夢を叶えるぞー!とか。 自分は将来こう生きるんだ!とか。 人の役に立つんだー!とか。 なんか、本気でそう思えないんですよね。 そういうふうに動いてる自分に遭遇すると、「誰これ?」って思うんです。 今まで必死に、真面目な後輩をやってたけれども。 …

真面目で優しい人が良いって嘘だからマジで

「真面目に頑張りましょう」とかね、小さい頃から言われてたでしょ? 「真面目で優しい人が得するんです」とかね。 言われてたんですよ。 純真爛漫なチェリーボーイだった少年は、親教師が自信満々に言い切るその言葉をまんまと信じて生きてきたわけです。15…

ぼくは何がしたいのだろうか

あれがしたい。これがしたい。 いつもそんな言葉を口にするけれど、それは本当にしたいことなのか? 無理をしているのだろうか? ぼくが本当にしたいことは、ぼくの知識の外にあるのだろうか? そもそも、やりたいことだけをやるべきなのだろうか? わがまま…

ぼく、脱皮します!

ぼく、年に2回脱皮するんです。 手が。 っていうカミングアウトでした!

自分にインタビュー「考え方に正解はなくて、人それぞれ信じている原則があるだけ」

松田「松田さんって、昔から『何を信じて生きたらいいかわからない』って思いながら生きてたじゃないですか」 松田「そうですね。親も塾の先生も学校の先生も、じいちゃんばあちゃんも、大学で出会った人たちもみんな、テンでバラバラなことを言っていて、ぼ…

理解することは、わかること。そのままを認めること。感じること。

ずっと、違和感があったんですよ。 人と一緒にいるはずなのに、いつも一人ぼっちだったから。 考えてみると、理由は簡単でした。 ぼくは誰のことも理解していなかったし、受け入れていなかったから、一人だったんです。 理解というのは、相対するものを自分…

理解と受容と、事実と解釈と、ニヤニヤすること

松田「どうですか、松田さん。堀内さんとお話したその後。」 松田「今の心のなかは、ものすごい反省と、新しい景色を見れるワクワクと、今までの自分のなかの常識がひっくり返った驚きで満ちていますね。」 松田「いろいろ感じることがあった、ということは…

今までに書いた記事まとめ

ぼくが今までに書いた記事まとめです。 ライターを始めたのは2015年の11月くらいからで、最初はひたすらクラウドワークスで単価300円~800円の記事を量産してました。 天神の神社とか東京の公園なんかに関するネット上の情報をまとめて記事にするというもの…

「文章を早く書くコツは、執筆スピードを上げることではなく、型を作ること」6月17日の#ライター交流会に参加してきた。

こんにちは、松田です。 昨日、五反田にあるコワーキングスペース『CONTENTZ』で開催されたライター交流会に参加しました! 〇ライター交流会とは? おもに、全国のライターや編集者の方々の交流を目的としたイベント。ライターや編集者のためになるテーマで…

はあちゅうさんの『言葉を使いこなして人生を変える』を読んで、自分の思考を抑えてたモノに気づいた

『今日から俺がミドレンジャイ』という小説が好きで、かれこれ7年くらい読んでるんですけど、この小説の話ができたのは人生で一回だけ。 全身が赤い人間にいろんな服を着せて雰囲気がどう変わるのかを見るとおもしろいんじゃないかとやってみて、すごくおも…

グロいのが苦手でも読めちゃうマンガ『東京喰種』が面白すぎる

こんばんは。 みなさん、ヤングジャンプで連載中の『東京喰種』という作品をご存知ですか? 内容をざっくり言うと、人間社会に、喰種という人を喰って生きる存在がいる、そんな世界で生きる人と喰種たちの生き様を描いた作品です。 これがめちゃくちゃ面白い…

語学学校で働くフィリピン人の先生たちに聞いた、「留学先で効果的に英語力を身につける方法」とは?

こんにちは、松田です。 突然ですがみなさんは、留学に行きたいですか? この記事を見ているということは、少なくとも留学に興味があるということだと思います。 さて、留学に行く前に気になるのが、「本当に、留学先で英語力が身につくのだろうか?」という…

大学受験会場に向かうタクシーの中にいる気分

あのときのぼくは、何もしなくてよかった。 試験会場に向かうタクシーの中で過ごしたのは、何もしなくていい時間だった。 勉強は昨日までで完璧にしたから、これ以上勉強する必要はない。 横には母親がいるからお金の心配もしなくていい。 ただただ、ほぼ初…

メモ

こんばんは。 いつか使う気がする考えなので、文章でまとめておきます。 ぼくは奴隷じゃない 自由をもっている人間だし、自分の行動は自分で選ぶ権利がある ないのは経験と知識と思考の幅と視野の広さだけ それを今必死に培っているつもり ぼくは恩を感じて…

『やり方が見つからないこと』がリズムを狂わせ、『これはダメ』がフィルターをかける

こんにちは、松田です。 今、堀江貴文著「多動力」を読みました。 この本の概要はこんな感じ。 今目の前にあるワクワクすることにハマれ、とことんやって飽きろ、ワクワクしないことはそれをワクワクすると感じる人に任せろ、どうすれば目の前のことに今すぐ…

「うつになった」ではなく「うつになれた」というほうが正しい

ぼく、「うつになった」というより「うつになれた」のほうが正しいと思うんですよね。 うつになった時点で、その人が努力家なのは目に見えてるわけじゃないですか。 そんな頑張れる人がうつになるのは、頑張り方を間違えてるか、環境が悪いかだけの話でしか…

7年続いた鬱のトンネルを抜けて、ぼくに起きた大きな5つの変化

こんにちは、松田です。 みなさん、楽しいですか? 最近、7年続いたうつが治って超楽しいです。 腹の底から笑えるって最高ですね。 変な色眼鏡のようなものがなくなって、ごちゃごちゃ考えずに、楽しいものは楽しいと言えるようになった今、最高です。がっは…

靴磨きのサービス名を決めました

サービス名は、『ナガク』です。 靴とは人の相棒でありまして、一緒に歩んでくれる存在です。 靴を選ぶときって、いろいろ考えて、いろんな靴を見て、自分に合うかを確かめてから買うじゃないですか。 そうして選んだ靴だから、できる限り長く履いていたいで…

全身に防水スプレーをかけると雨に濡れないのか

こんにちは、松田です。 昨日、ずっと前からオススメされてた漫画『Giant Killing』を読みました。 めーちゃくちゃおもしろいですねあの漫画。 また、マンガ喫茶に通いつめる日々がやってきそうです。 さて、そんな前フリは言いたかっただけでして、今日、雨…

自分を大事にしてあげてみよう

こんばんは。松田です。 中二の6月だった気がします。 塾で授業を受けていたあのとき、ぼくはノートの上の端に書きました。 『お前は一人だ。』 自分がしんどくたって、誰も気にしちゃいねぇよ、というのを自分に言い聞かせてたわけです。たぶん。 もともと…

単純で視点が偏りがちな自分がやっぱりしんどい

こんばんは。 お気づきの方も多いかとは思うのですが、改めて言わせていただきますと、ぼくはけっこう単純で考え方が偏りがちで、頑固な人間です。 ぼくは今日思い知ったんですけど。 いろんな経験をして、いろんな考えを入れて、ようやくいろんな考え方がで…

「学校を卒業した先に、生きたい人生はあるのか?」

この問いに対するぼくの答えは、NOだ。 自分で決めて入った学部だけど、地理の勉強をした先に、ぼくの生きたい人生はない。 ここで習った何かしらの知識は役に立つかもしれないが、ぼくは今この瞬間に自分のレベルを上げてくれる経験をしたい。 そこから得ら…

『考え方を変えるのには時間がかかる』という当たり前のことに気づいた

こんにちは、松田です。 最近、こんな本を読みました。 これは、社会派ブロガーのちきりんさんと、格闘ゲームの世界チャンピオン梅原さんが、学校教育について対談したときの話がまとめられた一冊です。 もともと、学校ではずっと優等生で、今では独自の社会…

やりたいことなんて、なくてもいい。

こんにちは、松田です。突然ですがみなさんは、『やりたいこと』ってありますか?…こう書くと意識高い人みたいですね。別に、「やりたいことを持とう!」なんて両手を上げて言おうとしてるわけじゃないです。 やりたいことなんてね、なくてもいいんですよ。…

【仲間募集】一人であれこれ考えててもおもしろくなくなってきたから、一緒におもしろいことをやれる仲間がほしいです!

こんにちは、松田です。 限界です。 一人で生きられる力をつけようという思いで借金をしてスタートを切ったのですが、最近、一人でできることの限界を知り始めました。 人と何かをなしとげたほうがおもしろいという事実も。 だから、一緒におもしろいことを…