今のうちにチャレンジしとこう

将来をより良く生きるため、いろんなチャレンジをしていきます。

「文章を早く書くコツは、執筆スピードを上げることではなく、型を作ること」6月17日の#ライター交流会に参加してきた。

こんにちは、松田です。 昨日、五反田にあるコワーキングスペース『CONTENTZ』で開催されたライター交流会に参加しました! 〇ライター交流会とは? おもに、全国のライターや編集者の方々の交流を目的としたイベント。ライターや編集者のためになるテーマで…

はあちゅうさんの『言葉を使いこなして人生を変える』を読んで、自分の思考を抑えてたモノに気づいた

『今日から俺がミドレンジャイ』という小説が好きで、かれこれ7年くらい読んでるんですけど、この小説の話ができたのは人生で一回だけ。 全身が赤い人間にいろんな服を着せて雰囲気がどう変わるのかを見るとおもしろいんじゃないかとやってみて、すごくおも…

グロいのが苦手でも読めちゃうマンガ『東京喰種』が面白すぎる

こんばんは。 みなさん、ヤングジャンプで連載中の『東京喰種』という作品をご存知ですか? 内容をざっくり言うと、人間社会に、喰種という人を喰って生きる存在がいる、そんな世界で生きる人と喰種たちの生き様を描いた作品です。 これがめちゃくちゃ面白い…

語学学校で働くフィリピン人の先生たちに聞いた、「留学先で効果的に英語力を身につける方法」とは?

こんにちは、松田です。 突然ですがみなさんは、留学に行きたいですか? この記事を見ているということは、少なくとも留学に興味があるということだと思います。 さて、留学に行く前に気になるのが、「本当に、留学先で英語力が身につくのだろうか?」という…

大学受験会場に向かうタクシーの中にいる気分

あのときのぼくは、何もしなくてよかった。 試験会場に向かうタクシーの中で過ごしたのは、何もしなくていい時間だった。 勉強は昨日までで完璧にしたから、これ以上勉強する必要はない。 横には母親がいるからお金の心配もしなくていい。 ただただ、ほぼ初…

メモ

こんばんは。 いつか使う気がする考えなので、文章でまとめておきます。 ぼくは奴隷じゃない 自由をもっている人間だし、自分の行動は自分で選ぶ権利がある ないのは経験と知識と思考の幅と視野の広さだけ それを今必死に培っているつもり ぼくは恩を感じて…

『やり方が見つからないこと』がリズムを狂わせ、『これはダメ』がフィルターをかける

こんにちは、松田です。 今、堀江貴文著「多動力」を読みました。 この本の概要はこんな感じ。 今目の前にあるワクワクすることにハマれ、とことんやって飽きろ、ワクワクしないことはそれをワクワクすると感じる人に任せろ、どうすれば目の前のことに今すぐ…

「うつになった」ではなく「うつになれた」というほうが正しい

ぼく、「うつになった」というより「うつになれた」のほうが正しいと思うんですよね。 うつになった時点で、その人が努力家なのは目に見えてるわけじゃないですか。 そんな頑張れる人がうつになるのは、頑張り方を間違えてるか、環境が悪いかだけの話でしか…

7年続いた鬱のトンネルを抜けて、ぼくに起きた大きな5つの変化

こんにちは、松田です。 みなさん、楽しいですか? 最近、7年続いたうつが治って超楽しいです。 腹の底から笑えるって最高ですね。 変な色眼鏡のようなものがなくなって、ごちゃごちゃ考えずに、楽しいものは楽しいと言えるようになった今、最高です。がっは…

靴磨きのサービス名を決めました

サービス名は、『ナガク』です。 靴とは人の相棒でありまして、一緒に歩んでくれる存在です。 靴を選ぶときって、いろいろ考えて、いろんな靴を見て、自分に合うかを確かめてから買うじゃないですか。 そうして選んだ靴だから、できる限り長く履いていたいで…

全身に防水スプレーをかけると雨に濡れないのか

こんにちは、松田です。 昨日、ずっと前からオススメされてた漫画『Giant Killing』を読みました。 めーちゃくちゃおもしろいですねあの漫画。 また、マンガ喫茶に通いつめる日々がやってきそうです。 さて、そんな前フリは言いたかっただけでして、今日、雨…

自分を大事にしてあげてみよう

こんばんは。松田です。 中二の6月だった気がします。 塾で授業を受けていたあのとき、ぼくはノートの上の端に書きました。 『お前は一人だ。』 自分がしんどくたって、誰も気にしちゃいねぇよ、というのを自分に言い聞かせてたわけです。たぶん。 もともと…

単純で視点が偏りがちな自分がやっぱりしんどい

こんばんは。 お気づきの方も多いかとは思うのですが、改めて言わせていただきますと、ぼくはけっこう単純で考え方が偏りがちで、頑固な人間です。 ぼくは今日思い知ったんですけど。 いろんな経験をして、いろんな考えを入れて、ようやくいろんな考え方がで…

「学校を卒業した先に、生きたい人生はあるのか?」

この問いに対するぼくの答えは、NOだ。 自分で決めて入った学部だけど、地理の勉強をした先に、ぼくの生きたい人生はない。 ここで習った何かしらの知識は役に立つかもしれないが、ぼくは今この瞬間に自分のレベルを上げてくれる経験をしたい。 そこから得ら…

『考え方を変えるのには時間がかかる』という当たり前のことに気づいた

こんにちは、松田です。 最近、こんな本を読みました。 これは、社会派ブロガーのちきりんさんと、格闘ゲームの世界チャンピオン梅原さんが、学校教育について対談したときの話がまとめられた一冊です。 もともと、学校ではずっと優等生で、今では独自の社会…

やりたいことなんて、なくてもいい。

こんにちは、松田です。突然ですがみなさんは、『やりたいこと』ってありますか?…こう書くと意識高い人みたいですね。別に、「やりたいことを持とう!」なんて両手を上げて言おうとしてるわけじゃないです。 やりたいことなんてね、なくてもいいんですよ。…

【仲間募集】一人であれこれ考えててもおもしろくなくなってきたから、一緒におもしろいことをやれる仲間がほしいです!

こんにちは、松田です。 限界です。 一人で生きられる力をつけようという思いで借金をしてスタートを切ったのですが、最近、一人でできることの限界を知り始めました。 人と何かをなしとげたほうがおもしろいという事実も。 だから、一緒におもしろいことを…

意味のないことは、ぼくにとってのトラウマ

こんにちは。 自分の生きる意味について、考えたことはありますか? ぼくは子どもの頃、両親が「お金がない」と言うようになり、日々ケンカをするようになってから考え始めました。 最初はたしか「自分がいないほうが、この人たちは幸せなんじゃね?」という…

信念のある他人の言葉を届けたい。魂が叫ぶ自分の言葉を届けたい。ロックンローラーのようなライターに、ぼくはなりたい。

「君の夢が叶うのは 誰かのおかげじゃないぜ。風の強い日を選んで 走ってきた」-『funny bunny/The pillows』 「道なき道を 踵を鳴らしていこう」-『My Foot/The pillows』 「死ぬ間際に 悔いはないと 言えるように 生きていたいだけ」-『アンサイズニア/ONE…

【検証】「見た目で雰囲気変わる」←わかる。全身赤い人の雰囲気も変わるのか試してみた

みなさん、こんにちは。松田です。 突然ですが、今日のぼくの雰囲気、いつもと違わないですか? そうなんです。今日は、勝負パンツをはいてきたんですよ。 さて、そんな感じで、「今日なんか雰囲気違うね」と言われたことって、ありますよね? 見た目が7割と…

「自分で生きていくための武器を身に着けると、人生は楽しくなる」学生ライター・松田氏が考える『生き方を考えるプログラム』とは?

「大学1年が終わるくらいまで、ぼくは死ぬことばかり考えてたんです。でも、自分がどう生きたいかを考えて、ライターという道を見つけて歩いてきたら、生きるのが楽しくなった。」 わたしの目をまっすぐに見つめながら、少し笑みを浮かべてそう言うのは、ラ…

知らない土地に、自分を置くこと

未知のものに出会いたい。 それは別に、UMAに出会いたいという壮大なものではない。 ぼくは、今の自分が知らないことに出会いたいのだ。 それが、ぼくが生きている意味の大部分を占めている。 未知のものは、けっこう身近なところにあふれている。 本のなか…

全身を着色するときに使ってほしい、おすすめの着色料5選

みなさん、こんにちは。 松田です。 文化祭やハロウィン、忘年会などで、全身に色を塗る場面、ありますよね。 そんなとき、どうやって着色料を選びますか? 大体の方は絵具を想像されると思いますが、絵具にもいろんな種類があり、一口に絵具と言っても着色…

【検証】透明なルートビアを作って飲んでみた

こんにちは。松田です。 突然ですがみなさんは、通称『朝ティー』と呼ばれる飲み物をご存知でしょうか? 朝ティーとは、最近サントリーが発売した、透明なレモンティーです。 先日ユニオンで見かけて、「本当にレモンティーの味なんてするのかな?」と思った…

ライターとして生きたい。趣味で靴を磨いていたい。だからぼくは、1万時間を投資する。

こんにちは、松田です。 最近、こんな本を読みました。 この本の内容はタイトル通りです。 必ず食える1%の人というのは、確率的に言うと100万人に1人の人。 どんな時代も生き抜いていくためには、100万人に1人を目指さなきゃね、というのがこの本の主張です…

リゾート地のアクセサリー・ヘナタトゥーで、留学生活をもっと楽しく! ヘナタトゥーの注文方法とお店情報まとめ

みなさん、こんにちは。松田です。 ぼくは以前セブ島で留学したことがありまして、あの頃は21年生きてきた中でも最高潮に楽しい時期だったなと思います。 読者のみなさんの中にも、オスロブでジンベエザメと泳いだり、ボラカイ島やボホール島に出かけたり、…

「”批判”が自分の想いを言葉にする」株式会社がちゆんの社長・国仲瞬さんのトークセッションに参加してきた。

こんにちは、松田です。 突然ですがみなさんは、琉大の産学連携推進棟という機関をご存知でしょうか? 産学連携推進棟は、琉大で優秀な人材を育てるため、普通に生活していたら出会えないような人の話を聞ける授業を作ったり、学生に、そんな方々と話ができ…

スエードスニーカーを磨いてみよう

こんにちは、松田です。 最近、スエードのスニーカーを綺麗にしました。 スエードのスニーカーって、けっこう履いてるひと多いですよね。 履かれてるランキングも全靴のなかでも上位だと思うので、今回はその磨き方をまとめました。 汚れが落ちてピカピカに…

ぼくは親に、自分の人生を生きてほしい

こんにちは。松田です。 ぼくは、自分たちの当然を押し付けてくる両親が嫌いです。 でも、いまを楽しく生きていられる基盤をくれていることに恩を感じています。 だからこそ、彼らにそろそろ自分の人生を生きてほしいのですが、子どもを心配することが生きが…

ぼくは、「普通」でありたくない

こんにちは。松田です。 ぼくは、考え方の軸に「変でありたい」というものがあります。 普通のひとでいたくないのです。変なひとでいたい。 普通のひとと言うのは、なんというか、「誰かと似てる」とか「どこにでもいるひと」的なニュアンスです。 変なひと…

6人のお客様の靴を磨いてみて思うこと

こんにちは。松田です。 靴磨きを初めて約3週間がたち、6人のお客様にご利用いただきました。 中にはリピートしていただいたお客様もいらっしゃいまして、嬉しいです。 本当にありがとうございます。 さて、そんな靴磨きをしている中で、ぼくは仕事について…

使う方法が見当たらないもの以外はいらない

こんにちは。松田です。 最近、「沈黙のwebマーケティング」と「Twitterで会社をPRする方法」という2冊の本を読みました。 で、さっそく書いてあった内容を使って記事を書いたりTwitterの運用方法を考えて実践してみてます。 知識は使ってみてこその知識だな…

危機感で自分を成長させてみよう

みなさん、こんにちは。松田です。 突然ですが、「危機感が人を成長させる」という考え方をご存知でしょうか? 人間にとっての一番の危機はやはり命の危機で、その危機を避けようとするときにこそ自分が思ってもなかった力が発揮される、というようなもの。 …

起きたら、飛行機に置いてかれてた朝

おはようございます。みなさん。 ぼくはいま、搭乗ゲートまで進んだにも関わらず、寝てしまって飛行機を乗り過ごしました。 気分は最悪、自分の人生に”くい”は残さねえ的な感じで生きてきたんですけど、目覚ましをちゃんとセットしとけばとか、空港のスタッ…

愛用のスケッチブックの使い方が決まってきた話

こんにちは。松田です。 ぼくは、考え事をするときや、学んだことがあったときに、何かに書き留めるということを、高校時代から続けています。 始めたきっかけは、図書館で借りた、記憶術的な分野に関する本を読んだことだったと思います。 当時は、毎週、大…

結婚式に参加して、「こんな人たちと一緒にいたい」と思った話

こんにちは。松田です。 昨日、結婚式の披露宴に参加しました。 披露宴って、めちゃくちゃいいですね。 美味しい料理を食べ、新郎新婦の幸せそうな姿を見てる時間が最高でした。 普段見れない新郎さんの幸せそうな顔を見てると、幸せになりました。ろうそく…

自分に合う、生き方のスタイルを見つけた気がする

ゆる~~~く、淡々と生きていく。 それが、ぼくに合ってそう。

松田和幸で、生き始めた。

こんにちは。松田です。 松田和幸で、生き始めました。 先日まで、ぼくはそこらへんにいる人だったんですよ。 何かと理由つけて動かないわ、布団から出ないわ、思ったことも言わないわ、斜に構えて批判はするわと。 将来、自分らしく生きられなくなるリスク…

靴磨き、始めました。

靴磨き用のホームページを作成しましたので、こちらをご覧ください! ⇓ peraichi.com みなさん、こんにちは。松田です。 この度、靴磨き屋を始めました!(まずは沖縄県内のみ) 〜下駄箱に、こんな靴ありませんか?〜 ・履きすぎて、汚れてきた・破れてきたお…

ぼくは今日、語感フェチだと気づいた。

こんばんは。 突然ですがぼくは、語感フェチです。他にもいろいろフェチはあるんですけど、それはたぶんジャンルが違うので置いておきましょう。 語感が、好きなんですよ。 語感とはなんぞやと言うと、ぼくの中では、『言葉を言った時の感じ』です。雰囲気に…

海外の空港で凍えてしまいそうなのに、お金が300円しかない時にこそ実践してほしい3つのこと

こんにちは。ぼくは今、香港空港にいます。 飛行機の搭乗は明日の午後12時30分なのですが、空港にいます。 所持金が300円になったからです。 香港の物価、なめてました。 チャーハン一杯が800円する世界でした。 量はそんなにないのに。 だからぼくは今、ス…

人の想いで動き、人を想いで動かせる人でありたい

こんにちは。今日も、『宇宙兄弟』を読みふけってました。気分は最高です。 ただ今日は、読んでるときにいつもより号泣したんですよ。 とくに、ムッタがISSの廃止を阻止しようとする場面と、シャロンのために宇宙望遠鏡を設置するんだと、自分を奮い立たす場…

本当に、思考は現実になる?ー『こうして、思考は現実になる』の実験記録②

こんにちは。 前回は、こんな実験をしました。 実験①は『宇宙エネルギーの法則は存在するのか?』を検証すること。 内容は、宇宙エネルギーの法則が本当に存在するのであれば、エネルギーの存在を意識するだけでぼくでも手に入れることができるはず。だから…

いっぱい本を読んどこう②-『マンガ1000冊読んで考えた・堀江貴文著』を読んどこう

こんにちは。最近、Twitterで見かけて衝動買いした本について書きますね。 先日紹介した『魔法のコンパス』と一緒に買いました。そのあとに読み始めた本です。 この本は、堀江さんが今まで読まれたマンガのレビュー集が、項目ごとにまとめられたものになって…

本当に、思考は現実になる?-『こうして、思考は現実になる』の実験記録①

「なんかもう、自分の力ではどうにもならないな」と思うことってないですか? ぼくは、今がまさにそうです。 自分を突き動かしてくれる熱い情熱のようなものがほしくて、それが生まれるのを待っているんです。しかし、生まれない。 ときどきマッチの火くらい…

僕の足を止めるのは、「自分にはできるわけがない」という思いこみ

「私の辞書に不可能の文字はない」と、心の底から言える人は、この世界に何人いるでしょうか? それほどの自信に満ち溢れた人は、はたしているのでしょうか? いたら教えてください。ご飯を食べにいきたいです。 最近、ぼくには実行力が足りないなと、よく思…

綿密に、とことん時間をかけて想像したものを形にしたい

こんばんは。さっき『宇宙兄弟』という漫画を読み始めて、その面白さと、作者の計り知れない想像と努力に感動しました。 まだ2巻までしか読んでないですが、全巻揃えることを決めました。今まで読まなかったことを後悔してるくらい、『宇宙兄弟』面白すぎま…

本をいっぱい読んどこうー「魔法のコンパス・西野亮廣著」を読んどこう

こんにちは。みなさんは、キングコング西野さんの『魔法のコンパス』という本を読んだことがありますか? この本は、西野さんが今までにやってきたこと、それにまつわる考え方、さらに西野さんが普段どんなことを考えているか、というような、西野さんの考え…

自分の学科のおもしろさを知っとこう②-人文地理学のおもしろさを知っとこう

ぼくの学科の学問には、人文地理学っていう分野があるんですよ。 人文地理学がどんなものかと言いますと、 「人間の生活や文化、社会組織などの人文現象を対象とし、それらの分布や地域構造などのなかから諸通則を見出そうとする一般(系統)地理学の二大分…

マンガをいっぱい読んどこう②-『ボボボーボ・ボーボボ』を読んどこう

みなさん、『ボボボーボ・ボーボボ』というギャグマンガを知っていますか? 2001年より、週刊少年ジャンプで連載していた、澤井啓夫先生による作品です。 この世界には「毛狩り隊」と呼ばれる、人類を丸坊主にしようとしている人たちがいます。 主人公である…