今のうちにチャレンジしとこう

将来をより良く生きるため、いろんなチャレンジをしていきます。

知らない土地に、自分を置くこと

f:id:hikyo-wo-write:20170505162524j:plain

 

未知のものに出会いたい。

 

それは別に、UMAに出会いたいという壮大なものではない。

ぼくは、今の自分が知らないことに出会いたいのだ。

それが、ぼくが生きている意味の大部分を占めている。

 

未知のものは、けっこう身近なところにあふれている。

本のなかにあったり、ネット上を漂っていたり、人の発言のなかにあったり、頭のなかに突然現れたり。

”未知”に形はなく、いろんなところに存在している。

それらに出会うと、ぼくはとてもワクワクするのだ。

知らないことに出会うことで、ぼくは世界の広さを再確認し、世界に飽きずに済む。

もっと生きようと思う。

 

でもたまに、目の前の物事に追い詰められて、とてつもなく逃げ出したくなるときがある。

世界は広いのに、自分はどこにでも行けるのに、なぜ今この場所に縛られているのかと。

そんな思いが頭を離れなくなって、ぼくは逃げるように海外へ行く。

場所はどこでもいい。

とにかく、何も知らない、自分のことを知る人間がいない、自分のアイデンティティがない場所へ行くのだ。

 

そこは、まったくの未知の世界。

街を歩くだけで、未知のものを浴びられる。

そんな世界に身をひたすことで、体にたまった毒が抜けていき、

そしてまた、ワクワクできるようになる。

 

知らないことを知るということは、等身大の自分を思い出させてくれるのだ。

知らないことがあると知っているからこそ、ぼくはぼくでいられる。

等身大でいれば、自分の足は確実に前に進んでくれる。

 

本当の自分を知らなければ、幻想に足をすくわれる。

そして、自分がこけたことにも気づかず、前に進んでいる夢を見るのだ。