読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今のうちにチャレンジしとこう

将来をより良く生きるため、いろんなチャレンジをしていきます。

【仲間募集】一人であれこれ考えててもおもしろくなくなってきたから、一緒におもしろいことをやれる仲間がほしいです!

こんにちは、松田です。

限界です。

一人で生きられる力をつけようという思いで借金をしてスタートを切ったのですが、最近、一人でできることの限界を知り始めました。

人と何かをなしとげたほうがおもしろいという事実も。

だから、一緒におもしろいことをできる仲間がほしいです。

 

ぼくは今まで個人プレーで生きてきました。

中学のときのバドミントンもシングルだったし、高校では毎日一人で自主練と筋トレをしながら剣道をやって、受験勉強も一人でコツコツと。

大学でも学科からは独立して、大学の外でいろんな経験を楽しんできました。

いくつかのバイトもし、今はトポセシアに身を置いてやってますが、仲間と何かをするという経験はしてこなかったんですよね。

協力して物事を作ったのは、ビジコンのときくらいです。

それでもまぁまぁの結果は出してきたので、このままうまくいけるかなと思ってましたが、ここ数日で気づきました。

 

信頼できる仲間がいたほうが楽しい。

 

・・・ただ、人を信頼するのは怖いんですよ。

いろいろトラウマがあるのと、ぼくは人を信じすぎるので、裏切られたときが怖いんです。

正確には、裏切られたときに死にたくなるのが怖い。

 

もちろん、ぼくの周囲にいてくださる人はみんな優しい人たちだなと感じているし、信頼はしているつもりです。

でも、ぼくは人と付き合うときには、裏切られる可能性を考えて、多少の距離を置くんです。

裏切られたくない人には、精一杯の誠意を示しているつもりです。

 

ただ、一生懸命気と思考を使わないと関係を保てない(とぼくが思っているだけですが)のがしんどくなってきました。

つまるところ、家族がほしいんです。

互いに理解しあえて、気のおけない話ができるような家族が。

 

実際の家族はいますが、彼らは利害が一致しているからこそ付き合いがある関係なので、今までの借金と時間を返済したら関係は終わります。

 

ぼくは利害関係ではなく、一緒にいると幸せだから一緒にいるような、そんな関係がほしいです。

おもしろいことを笑いながら一緒にできる仲間でいられたら最高だなと思っています。

 

意味のないおもしろいことでもいいし、意味のあるおもしろいことでもいい。

 

ゆくゆく、自分たちがやってるおもしろいことでお金を稼げたら、より意味のないおもしろいことができて最高だなと思っています。

沖縄で一番バズを生める集団になれば、企業とか商品のPRとかをお金をもらってできるんじゃないでしょうか。

おもしろいことをたくさんやって、価値を生んで、いただいたお金で酒を飲んで、またおもしろいことをする、なんて生活ができたら最高だろうなーと思います。

おもしろいことというのは、記事とか動画とかの枠に収まらず、何でもやりたいですね。

おもしろいことで自分たちも、見てる人たちもハッピーになれれば最高です。

 

まぁ、関係を作るなかでいろいろあるだろうし、つらいこともいっぱいあるとは思います。

それでも、楽しいという感情がつらさを打ち消してくれるのをぼくは知ってるので、大丈夫。

とにかくやるだけです。

 

今回、ネットで募集してるのは、対面で誘うと迷惑がられそうだからです。

数人、この人たちと組みたいなという人の顔は浮かんでいるのですが、誘ったときに「迷惑に思われてるんだろうな」と、ぼくが自動的に思ってしまって誘えないんですよね。

その点、ネットだと100%向こうの意思できてもらえるので、余計な疑いをもたずにすむので、こういう形を取ってます。

 

こんなことを言ってますが、やってみるとぼくが人間関係を作るの下手すぎて、結局一人で何でもやっちゃう、みたいな感じになったらすみません。

始める前にそんなの書くんじゃないよと思われるかもしれませんが、可能性としてありそうなので、一応書いておきます。

肝っ玉の小さい人間ですみません。

 

最後に、ぼくの理想を書いておきます。

こういう世界になればいいのにな、という理想です。

 

今ってなんか、まじめすぎませんか?超窮屈じゃないですか?

なんで枠に収まらなければいけないんだという思いをもちませんか?

もっと好きにさせてくれよと思いませんか?

 

人が、自分の好きに生きたら、誰かを傷つける可能性が高いと思われてるんですかね?

だから枠に押し込めるんでしょうか?

支配下において、行動を制限して、生きさせているんでしょうか?

 

そんなの、支配してる側もされてる側も楽しいんですか?

 

ふざけるなよ。

 

もちろん、暮らしを支えてもらってるからぼくは生きているわけで、そこは本当に感謝しています。

だから、社会のためという考えをもっているし、そういう行動をしているつもりです。

みんながよりよく生きられればいいなと思っています。

 

まぁ、ぼくの怒りは的外れなのかもしれないし、別に誰も支配しているわけじゃないのかもしれません。

 

でも、これだけは確実です。

ぼくたちは、”勝手”に行動することを許されない。

許さないのは、親かもしれないし、貧しさかもしれないし、ルールかもしれないし、社会かもしれないし、自分かもしれない。

何かをするには、何かしらの許可を誰かにもらわなくてはならない。

なんて窮屈なのだろうかと、ぼくは思います。

勝手と言うのは、他人への理解と配慮と行動して結果に対しての責任があるものです。

 

もっと勝手に生きよう。

自分で自分に縛りを設けて行動を制限するのはやめませんか。

自分の人生を生きてほしいんです。

 

ぼくはこの世界が、みんなが互いを理解しあって、配慮しあって、自分のやることに責任を持ったうえで、勝手に何かをやってる、みたいなところになればいいなと思います。

 

そこに、自分の勝手で行動選択をする余地があるのかという問いに対しては、イエスです。

大いにあります。

 

他人への理解と配慮と責任があるからこそ、自分の心の声に従えるんです。

その心の声をそのまま出すことが、自分の勝手です。

 

人生は、もっと楽しいはず。

ぼくたちは、もっと楽しく生きられるはず。

 

ぼくたちが先陣を切って楽しいことをやり続けることで、もっと楽しさであふれる世界になればいいなと思います。

 

それでは。