今のうちにチャレンジしとこう

将来をより良く生きるため、いろんなチャレンジをしていきます。

7年続いた鬱のトンネルを抜けて、ぼくに起きた大きな5つの変化

こんにちは、松田です。

みなさん、楽しいですか?

最近、7年続いたうつが治って超楽しいです。

腹の底から笑えるって最高ですね。

変な色眼鏡のようなものがなくなって、ごちゃごちゃ考えずに、楽しいものは楽しいと言えるようになった今、最高です。がっはっは

 

さて、そんな感じに、うつを完全に抜けたと思える今、自分の中に大きな変化があったのでそれをまとめておきます。

 

変わったこと①『褒め言葉を素直に受け取れるようになった』

今まで褒め言葉をいただいたことはあったと思うんですが、全部忘れるよう意識しながら生きてきました。

「褒められるほど自分はできてないし」

「裏では『まぁ全然ダメだけどね』とか思ってるんじゃ?」

「褒められていい気分になってると足をすくわれる」

みたいなことをずっと思ってたんです。実は。

だからあんまり褒められた言葉を覚えてません。

「インタビュー記事は上手だね」と言われたのは覚えてます笑

 

で、うつを抜けた今、褒められたら素直に叫ぶくらい喜べます。

自分がやってることで手を抜いてることはほぼないし、あったとしたら自覚はしてるし、少なくとも責任はもっている。

それをわかっているから、いただいた褒め言葉に見合う働きはしてると思えるようになったので、褒められると嬉しいです笑

 

 

変わったこと②「自分を責めなくなった」

前まで、ずーっと自分を責めてたんですよ。

責めてたというか、自分はとくに何もしてないのに、罵詈雑言を吐いて自分にナイフを突き立てる、みたいな感じ。

完全に通り魔です。

前までは常に、通り魔が自分の四方を固めてた感じなんですが、今はいなくなりました。

平和な世界になりました。最高です。

 

今自分を責めるような言動を自分にすると、自分に怒られます。

不思議な感じですが、自分の頭が思ってることと違うことを言うんですよ。

自分の心が意思をもってるといいますか、自分の中の自分は、よく知ってるようでまったく知らないやつなんだなと思う日々を過ごしてます。

おかげで、これから知っていこうと思えるし、どんなやつなんだろうかとワクワクしてます。

自分に対してそう思えるようになったおかげで、周りの人にも同じように思えるようになり、いい感じです。

人間最高。

 

 

変わったこと③「人間への怖さがなくなった」

もうね、前まで本当に人間が怖かったです。

いつ傷つけられるかと常にビクビクして他人の動向を見続けて、何かされようもんなら速攻で逃げるか反撃してやる、という勢いが、とくに初対面の人と話してるとありました。

根っこがネガティブだったので、完全に性悪説信者でしたね。

このドアを開けたら殺されるんじゃないか、しゃべったら殺されるんじゃないかとか思うこともありました。

だから人と会いたくなかったし、話もしたくなかったんですよ。怖すぎて。

 

ですが、ネガティブな色眼鏡がなくなると、「性悪な人なんてほぼいないじゃん」と思えるようになりました。

みんなそれぞれ個性があるだけなんですよね。

ネガティブな気持ちなんて、しょせん人が作り出したものでしかないということの証明です。

考え方で見方は変わります。

 

 

変わったこと④「『いつ死んでもいいや』と心から思えるようになった」

すごく逆説的なんですけど、マジなんです。

うつの状態っていうのは、心が自分を守ろうとする防衛反応なんですよね。

深爪したときの痛みと変わらないわけです。

「これ以上爪切るとやばいぞ」と教えてくれてるわけです。

 

つまり、うつというのは、身の回りの脅威から自分を守ろうとしてくれてるのです。

しかし現代の日本では、「うつは気合いが足りない証拠だ」なんていうゴミみたいな勘違いが大手を振っているので、自分で自分の心の叫びを押さえつけてしまうんですよね。

 

そうした結果、自分の中のストレスっぽいのが振り切って心の守備範囲を超えてしまうので、心が壊れて死ぬんです。

 

つまりうつは、生きることへの執着があるから出る症状なわけです。

 

さて、じゃあ今のぼくが生きることへの執着がなくなったのかといえば、そうではなくて、

「そもそも自分を大事にできるようになったので、当然のように危険は避けるようになった。それでも避けきれない脅威がきたら、そのときは諦めがつく。だって精一杯生きてるし」みたいな感じです。

 

ぼくは生きることに対してこれ以上できることがないので、あとは天任せです。

 

死ぬときは死ぬし、生きるなら生きる。

 

そんな気持ちなので、余計なことを考えなくていいぶん楽です。

 

変わったこと⑤「自分の人生を生きられるようになった」

努力したいことと、諦めていいことが完全に分かれました。

 

ぼくはライターとして生きたいし、靴を磨き続けてたいし、大事な人の役に立っていたいので、そこに関してはどこまでも努力をする。それ以外はどうでもいい。

 

手が届くなら取るし、届かないなら、今そのタイミングじゃないのかもしれない。

いつか取る。

 

そんな選択ができるようになりました。

 

ぼくは、ぼくの人生の主人公です。

 

ぼくの先に道はなく、ぼくが歩いてきた道が、言葉になり、言葉が紡がれてストーリーになるんです。

 

だから自分がどんな人生を歩みたいかを考えても無意味。

 

人生は思い通りにいくほどちょろいもんじゃないのを痛感したし、思い通りにいかないほうが楽しい。

 

だからどう思い通りにいかすかを考えるのも楽しい。

 

その楽しさを、「正解の人生」を求めてフイにするのはもったいないと思いますよ。

 

そんなわけでぼくは今、「生きてるなぁ」と心底思います。

 

 

 

 

最後に、書きたいことを書きたいだけ書きますね

 

今にして思えば、「死ねよ」と言われ続けた人間がまともになれるわけはないですし、そんなの嫌ですね。

でも自分にだったら言っちゃう気持ちはすごくわかる。

それを言わないと自分が甘えてしまうんじゃないか、ダメになるんじゃないか、みたいな気持ちが出てくるのもわかる。

けど、自分に厳しい言葉をかけ続けるほうが甘えてるんですよね、本当は。

だって、自分を動かすのに、そのほうが楽じゃないですか。

自分を他人から守れるし、頑張ってるように見えるし、自分を罵倒するのはいいことが多いんです。

まぁ、心が死んでいくのと引き換えですけど。

やっぱり、笑顔で人と関われる人のほうがいいし、関わる人がみんな笑顔で人を動かせる人のほうがかっこいいですよね。

 

自分に厳しい言葉をかけるというのは、王様が命令してるのと同じです。

そんなもん、体がそのうち謀反を起こします。

 

だから普段から、自分がどうしたいのかを聞いてあげて、その通りに動いてほしいなと思います。

 

とはいえ、自分の思い通りに動くのは、そもそも自由な環境にいないとできないじゃないですか。

そんなときはせめて、理不尽なことに対しては怒りましょう。

自分を大事にする権利を奪われたときは、怒ってもいいし、それがまともな反応だと思いますよ。

 

「自分を大事にする」というのは、甘やかすということではなくて、自分が生まれながらにもっている権利を守るということだと思います。

 

だからぼくは、『選ぶ権利』を奪われたら全力で抵抗します。

絶対に許しません。

 

まぁでも、自分を大事にするなんて絶対にできない環境にいる人もいるので、ぼくはなるべく自分にできることを増やしていこうと思います。

 

 

 

あ、あとあれです。

 

「うつだけど、今の場所にいつづけないと生きていけないから、いつづける」

という選択をしちゃうことってあると思うんですけど、現状維持を選ぶと99%死ぬと思います。

 

でも逃げ出してみると、生き残る確率は上がるんです。

 

だって、逃げた先は未知じゃないですか。

 

もしかしたら即死かもしれないけど、今とは真逆に、最高の人生を歩めるようになるかもしれない。

 

だったら、黙って余命を迎えるよりも、できる限りあがいて生き残ったほうがいいと思いませんか?

 

まぁそのへんは人それぞれかもしれませんが、今の時代、2年しか義務教育を受けてないのに、社長になってコンサルしてる人もいるくらいだし、

そういう人の自伝もあふれてるわけじゃないですか。

 

参考にするには十分すぎるほどあるし、今いる環境から逃げ出した先で自分を生かしてくれるのは、『生きる覚悟』です。

 

それがあればなんだってできるし、生き残る確率は99.9%に上がります。

 

今の時代、死にたくても死ねないんですよ。

 

死ぬ苦しみをとことん教えられてきたし、なんだかんだ生き残る道は見えてしまうし。

 

だからといって、生きてれば幸せになれる、なんてことは言いません。

 

幸せは自分で決めるしかないのです。

 

「これが幸せだ」と思えれば幸せです。

 

裏を返せば、幸せの基準をもってれば、生きてると幸せになれます。

 

すべては自分次第!

 

 

最後にもう一つ。

 

ぼくは、鬱になってよかったです。

 

だって、鬱になったときの景色は自分しか見れないじゃないですか。

 

鬱の原因は人それぞれだし、他人の理解を得れるものじゃないので。

 

しかも、幸せなだけの人が見れない景色を見れたので、人より人生に幅をもたせられたなと思うと、ちょっとだけ得した気分です。

 

しかも鬱の治し方も見つけたので、これからは自分の鬱の部分の力を借りながら、協力して人生を良くしていけます。

 

これは、鬱になった人だけがもつ特権です。

 

自分の中の自分と仲良くなった僕たちは、二人なんです。

 

散々いがみあった自分だからこそ、最高の友達になれるし、戦友になれます。

 

これは、必ず。

 

鬱になった誰もがそうなれると信じてます。

 

結局、自分がもってるカードで戦うしかないんです。

 

その戦い方を考えることが人生の醍醐味だし、その戦い方が自分のアイデンティティになっていく。

 

それが自信になって、自分の人生を充実させてくれるんです。

 

僕たちは今、『鬱になった』という最強のカードを手に入れたんです。

 

これは、後天的にもらえるラッキーカード。

 

このカードをどう活かしていくかは自分次第だし、確実に自分の人生を良くしてくれますよ。

 

 

 

 

という話ができるのも、ぼくの腕に傷があるからです。

 

この傷に誇りを持てればいいなと思ってましたが、案外早かったですね。

 

ぼくはこの傷を使って、より多くに選択の自由を得てもらって、より多くの人に幸せだと思える人生を歩んでもらえるよう、頑張ろうと思います。

 

その一歩が、「生き方を考えるプログラム」なので、これから形にしていこうと思います。

 

それでは、ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました!

 

これからもよろしくお願いします!