読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今のうちにチャレンジしとこう

将来をより良く生きるため、いろんなチャレンジをしていきます。

愛用のスケッチブックの使い方が決まってきた話

こんにちは。松田です。

ぼくは、考え事をするときや、学んだことがあったときに、何かに書き留めるということを、高校時代から続けています。

始めたきっかけは、図書館で借りた、記憶術的な分野に関する本を読んだことだったと思います。

当時は、毎週、大量に本を借りては、全部パラ読みし、気になったところだけをじっくり読む、というのを繰り返していて、その中の一冊でした。

どんな文章だったかどんな本だったかは忘れたのですが、当時はピンと来たんでしょうね。

すぐに、家のすみっこで眠ってたA4ノートを引っ張り出して、書くことを始めました。

最初は何だったかな。たしか、本を読んで考えたことだったと思います。

そして大学に入り、いろんなコミュニティに参加させてもらう中で考えたこと、そこで生まれたアイデアなんかを書いてきました。

書いてない時期もあったのですが、4年ほど続けて今では累計25冊ほどになりました。

 

で、ずっとA4ノートを使ってたわけなんですが、半年前くらいからスケッチブックを使い始めました。

スケッチブックにした理由は、A4ノートだと窮屈に感じ始めたからだったと思います。

いろいろ書いてる中で、ノートの役割が増えたんですよ。

前は書き留めるだけの引き出しだったのですが、半年くらい前から考えをまとめる作業台のような役割をもち始めたので、スケッチブックにしました。

ただ、スケッチブックに変えたはいいものの、実は大きさを持て余してた感があったのです。

ですが、ちょうどさっき、自分なりの使い方が確立したので、書いておきます。

 

まず、スケッチブックを使う場面はおもに、『企画作り』『考え事』『アイデアメモ』の3つです。

その割合は、60%、30%、10%。

「企画作りは考え事の中に入るのではないか」と思われるのかもしれませんが、これは松田の精神世界の話なので、言葉の定義とその広さはぼくの独断で決まります。

曰く、入りません。

 

考え事とアイデアメモは、基本的に殴り書きです。

ぼくにしか読めない特殊な、ミミズのような文字で書かれます。

ときどき、自分でも思い出すのに時間がかかるメモに遭遇しますが、思い出す動作が記憶を強くすると、脳外科の人が言ってた気がするので、メモは汚ければ汚いほどいい説を提唱します。

一方、企画作りをするときには、3つのステップを踏みます。

 

①アイデア出し

②構想(書きながら、どんな企画がいいかを練ります)

③記事の全体像を書く(構成、文章、写真の絵コンテ、必要なもの・ことを書く)

 

このステップは、時間をかけて行います。

だから、アイデア出しをしたり、構想を練ったりしたページが後ろにいくことも多いのですが、そこがポイント。

後ろにいったページは、材料でしかありません。作るべきページは記事の全体像。

だから、ステップが上がるごとに、前に使ったページをちぎって使って、いらないなと思ったら捨てていきます。

そうして、ステップ③にいって初めて、足を動かします。

すると、綺麗に記事を作ることができてきた気がします。(まだそんなに書いてないですが)

 

ぼくは、善林堂に売ってる、A3サイズで無地の100ページのスケッチブックを使っています。

安くて使い勝手がいい、素晴らしいスケッチブックです。

罫線入りとか試してみたんですが、無地の方が、無意識な部分の自由度が高くてぼくは好きです。

ただ、性格によっては罫線入りのノートや、そもそもサイズは小さい方がいい、という人もいると思うので、いろいろ試してみるとしっくりくるのに出会えますよ!

ちなみにぼくは、10回ノートの変更をしてます。

 

遍歴は、

A4Campusノート

A4無地のノート

A4罫線リングノート

書店に売ってるアイデアノート(ぼくはアイデアの作り方が、ノートのテンプレートと違ったので、使えませんでした)

帳サイズの罫線ノート

A4無地のリングノート

A4経緯線入りのリングノート(ちょっと高いやつ。ここで値段と使いやすさは比例しないと学んだ。)

無地100ページのスケッチブック(今使ってるやつ)

美術用のスケッチブック(黄色と黒の表紙のやつ。文字を書くのには向いてなかったです。柔らかいし。文字じゃなくて、君の芸術を示せと言われているようで使えなかったので、絵をかくのが好きな後輩にあげました。)

無地100ページのスケッチブック(これに落ち着きました)

 

1冊買うと4か月くらいもちます。

1冊650円を日数で割ると、650÷120=5.41なので、コスパはいいと思います。

何のコスパかはわかりませんが。

 

書くの、けっこういいですよ!

紙とペンがあれば、頭の中を整理できるのでおすすめです!

 

それでは!

結婚式に参加して、「こんな人たちと一緒にいたい」と思った話

こんにちは。松田です。

昨日、結婚式の披露宴に参加しました。

披露宴って、めちゃくちゃいいですね。

美味しい料理を食べ、新郎新婦の幸せそうな姿を見てる時間が最高でした。

普段見れない新郎さんの幸せそうな顔を見てると、幸せになりました。ろうそくを吹き消さずとも。笑

はやく友達にも結婚してほしいなと思っているほどです。笑

友人として参加したら、もっといいんでしょうね。ただただ、最高でした。

 

さて、その結婚式には、新郎の仕事仲間の人たちが大勢いらっしゃっていたんですよ。

ひとつの組織だけじゃなく、新郎さんが関わっている複数のコミュニティの人たちが。

みなさん社会人として、大人としてバリバリ仕事をされている方々です。

2次会で、そんな方々とお話させていただいて、そこいいた全員が、自分で、生きている人たちだったんです。

普段からお世話になっている新郎さん含め、誰も、会社に依存せず、自分がどう、誰かに価値を提供できるかを考えて実行している人たちでした。

すごくかっこいいなと、思ったんですよ。

自分もそうやって生きていたいなと。

だからぼくも、自分が、松田和幸としてできることを精一杯やっていこうと思ったし、自分の価値を提供していきます。

がんばるぞ!

自分に合う、生き方のスタイルを見つけた気がする

ゆる~~~く、淡々と生きていく。

それが、ぼくに合ってそう。

松田和幸で、生き始めた。

こんにちは。松田です。

松田和幸で、生き始めました。

 

先日まで、ぼくはそこらへんにいる人だったんですよ。

何かと理由つけて動かないわ、布団から出ないわ、思ったことも言わないわ、斜に構えて批判はするわと。

将来、自分らしく生きられなくなるリスクを恐れすぎて、何もしないという選択肢を取り続けた結果、ぼくは何者でもなくなってました。

けど3日前、それが嫌になった。

毎日がただ過ぎ去っていくようで、寝る前に「今日何をしたのか」と自分に聞いても口ごもるのみ。

このまま当たり障りのない人生を歩むのかと思うと苦しくて、でもどうしていいかわからず、頭を抱える日々。

もうね、やってられなかった。

だからとりあえず、できることから始めました。

とりあえず、動く。頭を動かして手を動かして、物事を動かす。

すると、前進しました。

まったく動かせないと思い込んでいた物事を、動かせたのです。

ようやく、時間を従えることができました。

ようやく、自分の責任で物事を動かせました。

 

そんなこんなで靴磨きとか、いろいろ始めたわけです。

そのいろいろは、ずっと「やろう」と思いながらもできていなかったこと。

それがついに始まりました。

松田和幸の責任で。

 

今は、やるべきことを淡々とやっていくという感覚で生きています。

ごちゃごちゃ言わず、やるのみ。

責任に縛られると自分らしく生きられないと思っていましたが、それは当たってたみたいです。

ただ、自分を理解したうえで、責任を自分から取りに行くと、自分らしく生きられるような気がしてます。

靴磨き、始めました。

みなさん、こんにちは。松田です。

この度、靴磨き屋を始めました!(まずは沖縄県内のみ)

 

〜下駄箱に、こんな靴ありませんか?〜

・履きすぎて、汚れてきた・破れてきたお気に入りの靴👟

・久々に必要になったけど、カビが生えていて履けない革靴👞

・色のはげたパンプス👠

 

「なんとかしなきゃ」とは思うけど、自分でやるとなかなか面倒くさいですよね。

このために時間作るのもなぁと思う気持ちはよくわかります。

そこで!そんな面倒を、松田が請け負います!

靴の汚れ落とし、修繕、防水、消臭、お色直し、カビ取りをいたします!

 

↓メニューと値段↓

①消臭+汚れ落とし 200円

②消臭+汚れ落とし+お色直し 300円

③消臭+汚れ落とし+お色直し+防水 400円

④防水のみ 100円

⑤修繕 300円

⑥カビ取り+栄養付与+防水 300円

 

※出張の場合は、全メニューに+300円上乗せになります。

 

取り扱いが可能な靴の性質は、

・牛皮

・エナメル

・スエード(汚れ落とし、防水、消臭のみ)

・スニーカー(チャレンジしてみます)

 

※現時点では取り扱いのできない性質の革がございます。上記以外の靴は、取り扱いできるかどうか、ご確認ください。

 

靴磨きの際は、持ち込みか出張をお選びいただけます。

持ち込みの場合は、DMのやり取りの中で受け渡し場所を決めさせてください。

出張の場合は、ご指定の場所に伺います。

お時間は、最短20秒、最長15分いただきます。

 

ご依頼は、松田のツイッター@a_jsrのDMよりお待ちしております。

ご質問などありましたら、同じくDMよりお願いいたします。

 

「足元を見て笑顔になる」

そんな時間をお届けするため、頑張ります!

ぼくは今日、語感フェチだと気づいた。

こんばんは。

突然ですがぼくは、語感フェチです。他にもいろいろフェチはあるんですけど、それはたぶんジャンルが違うので置いておきましょう。

 

語感が、好きなんですよ。

語感とはなんぞやと言うと、ぼくの中では、『言葉を言った時の感じ』です。雰囲気にも近いかな?

語感に好意を感じる相手は女性だけなんですけど、女性が例えば、「もち!(もちろんの要約の意)」というのを、両腕を上げて手をぐっと握り、笑顔で言った時、キュンとします。

ただ、誰でもその語感が合うわけじゃないんです。

誰にでも、その人に合う、その人だからこそしっくりとくる語感があって、先ほどの例で言うと「もち!」という語感が合う女性が言った時に限り、キュンとします。

ただそういうのって、会話の中で不意に来るんですよね。そんな、不意に来るいい感じの大波に溺れたい。

言われた瞬間ぼくは、「最高ですね…!」と真顔で言います。なぜなら最高だから。

 

「なんね?」とか「ええんやで」とかをいい感じで言われたときもありました。「最高だあああああああ!!!!!」と叫びたくなる衝動を必死に抑えましたね。紳士だから。

そういうときは代わりに、「もう一回お願いします」と言ってます。何回聞いてもいいんです…。

 

この良さについて、飲みながら誰かと話し合いたいので、少しでも共感した方、ご連絡お待ちしています。

 

いつか、いい感じの語感で言われたセリフだけを集めたCDを作るのが夢です。

 

それでは!

海外の空港で凍えてしまいそうなのに、お金が300円しかない時にこそ実践してほしい3つのこと

こんにちは。ぼくは今、香港空港にいます。

飛行機の搭乗は明日の午後12時30分なのですが、空港にいます。

所持金が300円になったからです。

香港の物価、なめてました。

チャーハン一杯が800円する世界でした。

量はそんなにないのに。

だからぼくは今、スタバの注文さえも満足にできず、水を2本とマカロン1つ買うとゲームオーバーな状況です。

しかも、手がかじかむくらいに寒い。

そんな状況だからこそ、同じ状況にいる同志たちに向けて、この記事を書きます。

 

『海外の空港で凍えてしまいそうなのに、お金が300円しかない時にこそ読んでほしい3つのこと』

やるべきこと①『暖かい場所に移動しよう』

空港は、規模が大きければ大きいほど、全体に暖かい場所と寒い場所があります。

それは、冷暖房がいきわたる範囲が限られているから。当然ですが。笑

香港空港だと、肌感覚ですが、2階のチェックインカウンター部分が暖かいです。

1階の人が座れるスペースは寒いのでお気をつけて。

冷房がついている空港だと、冷房の届かない場所に移動しましょう。

 

やるべきこと②『充電スポットを探そう』

暖かさは手に入れたけど、食料が買えない状況で、一番の味方になるのが電子機器です。多くの空港には無料のWi-Fiが飛んでますので、バッテリーさえあれば暇つぶしは可能です。少なくとも、香港空港にはずっと使えるWi-Fiが飛んでます。イスタンブールのアタトゥルク空港だと、国内線のカフェに行きましょう。

充電スポットは、各空港に必ずと言っていいほどあるはずです。香港空港は2か所ですがありますし(充電できるのは最大12人ですが)、昔乗り換えで降りたアラビア圏の砂漠に囲まれた空港にもあったので、たぶんどこにでもあります。デリーにはなかったかも。

とりあえず、探してみましょう。

見つけたとき、外国人がたむろしてても、空いていれば気にせずプラグを挿しましょう。そこで発生する無用な気遣いが自分を苦しめるのですから。と自分を奮起して、ぼくは先ほど充電器にありつきました。

 

ちなみに、スタッフ専用と書いてあるコンセントは、たぶん怒られるのでやめたほうがいいと思います。場所によっては窃盗罪で捕まるかもしれないので気を付けてください。

 

やるべきこと③『お金の使い道を考えよう』

現在の所持金は、300円。フライトは15時間後。

この状況に陥ったとき、まずするべきことは、下見です。

自分がいる空港には、最安でどのくらいの食べ物、飲み物があるのか。無料の飲料水やお湯はあるのか。などの基準で見て回りながら、なるべくお金をかけずに、自分のエネルギーを維持する方法を考えましょう。

ちなみにぼくが香港空港を見回って、出したお金の使い道案はこちらです。

・水2本、マカロン1つ

・水1本、小籠包1つ

・マックバーガー1つ

・缶のホットカフェラテを1つ買い、セブンの無料のお湯サーバーで湯たんぽを作り続ける→缶を買えば、お湯を飲み続けられる(できればの話だけど)

・強めの酒1本

・カップラーメン2つ

・チョコレート1つ、マカロン1つ

・サンドイッチ1つ、マカロン1つ(マカロンが、お金を使い切るのにちょうどいい値段)

 

ぼく的には、香港で食べられなかった小籠包を食べて潔く使い切りたいのですが、体と財布的にはNOでしょう。もっと有効活用しろよと怒られるはずです。

いっそのこと、強めの酒で空腹と寒さを紛らわせるのもありですが、これをすると明日目を覚ました時の空腹感がしんどいです。

カップラーメンは意外と腹持ちしないですが、量を考えるとベストかもしれません。

長く温まりたいなら、缶のカフェラテを買うのがベストかもしれません。

セブンの店員さんに目をつけられそうで怖いですが。

 

ただ、ぼくの場合は空腹で過ごす時間が多く、空腹には慣れているので感情のままに小籠包を食べる気がします。

 

そんな感じで、みなさんも元気にこの辛い時を乗り越えてください。

最後になりますが、こんなときのために『森永のキャラメル』と『寝袋』をもってきておくと、とりあえずは動けるのでおすすめです。

それでは、よい空港ステイを。