創作人の面白研究所分室

FunnyからInterestingまで、あらゆる"面白さ"を分析するブログ。何がどう面白いのか、なぜ面白いのかについて解説していきます。分室なので、たまに関係ないことも書きます。

なりたい自分になってみよう②

みなさん、こんばんは。松田です。

なりたい自分になってみよう2記事目ということで、今回は「理想の自分像」を書き出してみました。

このシリーズは、『自分の強みをつくる。なりたい”自分”を”自分”にしちゃえ』というはあちゅうさんの本に則ってやっていきます。

というわけで、書き出してみました。

f:id:hikyo-wo-write:20180129041823j:plain

字が汚くてアレですが、いろいろ書きました。

なりたい自分の方向性としては、強い男、常に楽しそうな男でいたいという感じですね。

ぼくには理想のキャラクターがいます。

それは、レインという小説の主人公、桐生一馬、真島吾朗(龍が如くの影響)。

自分への自信のなさからただの憧れをもっていただけですが、でも、やっぱりそんな男になりたい。

 

 

f:id:hikyo-wo-write:20180129042309j:plain

真島吾朗のセリフで、好きなのがあるんです。

「何が正しくて何が悪いかわからんこの街で、誰よりも楽しく、誰よりも狂った生き方したると決めたんや。あんたは、執着心の塊のような男や。あんたには、諦めんことの大切さを教わった。だからワシも執着するで。真島吾朗っちゅう男の生き方にな。」

 

ぼくは心底、こういう男でありたいと思います。

がんばろ。それでは!